映画に五つ星満点で点数つけたり、オススメ映画を紹介したりしてると見せかけて私が観た映画を忘れないためのメモ代わり自己満ブログ!


by classics1981
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン




『ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』見てきました。
全体的に笑えたし、音楽とかグー。前作に続きなかなか面白かったと思う。
とりあえず前に俺、『力道山』の記事でソル・ギョングの方がレニ-・ゼルウィガ-より断然増量の仕方が凄いとか書いてたんだけど、撤回。(あっさりと無責任に。俺の得意技ね。)
あらためて見ると、やっぱレニ-・ゼルウィガーの太り方も凄いわ。
でも俺には痩せてるときより太ってる方がキュートに見えるんだけど…そう思うのは俺だけ?
映画の中で特に面白かったところがタイでマジックマッシュルーム入りのオムレツを食べるとこ。実際タイではMM入りオムレツなるものが普通に牛丼くらいのソー、リーズナブルなお値段で売られているそうな。これを食べると、目に見えるものの全てが超がつくほそどの美しき色彩に。舌に触れる食べ物は全てがフレンチの鉄人坂井シェフの味に変化するほど。花や虫や犬猫とも親しげに会話ができ、なによりも神の存在を理解という。実際映画の中でもラリったブリジットジョーンズが「私は天使よ~」などとほざいている。だがこれを繰り返し食べたりするとバッドトリップという現象を起こすそうだ。例えばタンスの角に小指をぶつけてその痛みが十何時間も続くような。まさに天国から地獄へ。田上明の奈落式喉輪落としも比にならないほど辛いらしい。誰に聞いたわけでもないが…。とにかくラリラリパッパーなブリジットジョーンズは笑えた。

☆☆☆(星3.5コ)
[PR]
by classics1981 | 2005-03-22 00:53 | 映画(劇場編)