映画に五つ星満点で点数つけたり、オススメ映画を紹介したりしてると見せかけて私が観た映画を忘れないためのメモ代わり自己満ブログ!


by classics1981
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アイデン&ティティ

アイデン & ティティ
/ 東北新社
スコア選択:




『アイデン&ティティ』見ましたよーん。

原作:みうらじゅん、監督:田口トモロヲ、脚本:宮藤官九郎

このメンツ凄いね。
オープニングで遠藤ミチロウ、大槻ケンヂ、ローリーなどバンドブームの中にいた人間やミュージシャンがバンドブームのアノ頃について語るシーンから始まる。
ブームとロックの狭間での葛藤が描かれている映画。
微妙にメジャーなバンドなら必ずあると思われる葛藤。
売れなきゃ食ってけないし、でもこんなんROCKじゃない!!
俺はこんなんじゃないホントに歌いたい歌があるんだぁ~!!みたいな。そしてSEXしてえ!!みたいな。そんな映画かな。

バンドを続けるって難しいんだよね。継続は(長州)力なりって言うよね。続けることって凄いと思うんだけど。続けてりゃあ良いってわけではないのが難しいところ。30とかになって、売れないROCKやってて、周りの人間は結婚して子供もいて、リーマンでバッチリ毎月ソコソコの金貰ってる方々ばかりで。俺がそうなったらたぶん、今まで何やってきたんだろう・・・って思うんだろーなー。って思っちゃったりすると続けるのって難しいんだよね。音楽とか、ああゆう自己表現って客に受け入れられないと精神的に物凄いダメージだし、俺は何の為に、誰の為にやってるのか・・・と地獄に落とされた気分になるもんだ。俺はそいつにやられた人間の一人。ROCKとかって周りの人間を気にするようじゃダメなのよね。商業的な音楽も今となっては俺は認められるわ。音楽的に好きとかじゃなくてね。大人になったんかな。

☆☆☆(星3つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-08-18 03:10 | 映画(レンタル編)