映画に五つ星満点で点数つけたり、オススメ映画を紹介したりしてると見せかけて私が観た映画を忘れないためのメモ代わり自己満ブログ!


by classics1981
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

電車男

電車男 スタンダード・エディション
/ 東宝




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
『電車男』観ました。遅えー!!公開終了直前。TVドラマでやってるのに映画行きました。ドラマは見てないっす。本は読んだ。

正直、電車男を映画化って聞いた時は
「あれをどう映画にするわけ?つまんなそー。電車男役山田孝之?アイツかっこいいじゃねえか!!ダメじゃん。エルメス役中谷美紀?山田孝之と中谷美紀って釣り合わねだろ。ぜってーつまんねえよ。」って思ったんだけど、意外と面白かったよ。山田孝之が秋葉系の時にもっと見た目にきつければよかったかなと思うけど、喋り方とかキモくてよかった。ドモリ過ぎで何言ってるかわからないとことかよかった。タイピングで「shshえtbンd:;・pくぉえwmヴぉdふじこ@」って凄いスピードで打った時は笑った。いけてなかったのが予想外に中谷美紀。ロボットみたいな演技でエルメスが魅力的な女性に見えなかった。緒川たまきの方がよかったんじゃねえか?って思った。俺だったらあんな女好きにならねえよ。今や2ちゃんねるなんて超メジャー掲示板ですよね。普通に可愛らしい女の子とかが見てたりするからビビる。恐ろしいね。心に闇をみんな持ち合わせてる。かわいい子には世の汚いとことか知らないでいてほしいというバカ男の希望。VIVAピュアっ子!!俺の中で違うなぁーと思ったのがストーリー展開。電車男がエルメスと出会い、電話をかけ「めしどこか たのむ」までが一番面白いのに、劇中ではそこまでを15分程度で通過してしまう。電車男がエルメスとトントン拍子に仲良くなっていく姿なんてどうでもよくて、アキバの男が高嶺の花にチャレンジする勇気こそが一番面白いとこなのに・・・。でも、あんな電話越しに(*´д`*)ハァハァ言ってる奴の誘いなんて普通キモくて断るだろ。

☆☆(星2つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-08-27 15:20 | 映画(劇場編)

ノロイ

ノロイ プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント




『ノロイ』観ました!!

やべ・・・・パソコンの前で寝てた。しかも1時間。
何書こうとしてたんだか忘れたわ。
あ、そうそう!!22日の夫婦の日カップルデー¥1000だから女子と『ノロイ』を観に行ったのよ。なのにさーカップルデー割引実施してない映画館とかあるのね。やってるとことやってないとこがあるのね。ムカツク。せっかくカップルデーに女子と二人でホラー映画なんて最高なシュチュエーションだったのによ。ケッ!¥1800払ってやったよ、バカヤロウ!
でも映画はまあまあ面白かった。ここから見た人にしか分からないだろうが、いくつかポイントを書いていこうとおもう。

まずひとつは、石井潤子。「なんでそんな口の利き方できんだ!!なんでそんな口の利き方できんだ!!って言ってんだ!!あ゛ーっ!!(ガチギレ)」あんな人ちょっと前に捕まってワイドショーを賑わせてましたよね。関わりたくない人のお手本です。

もう一つは霊能者の堀光男。彼の演技は凄い。あのガイキチ演技はバカデミー賞助演変態男優賞に堂々ノミネートされることだろう。トークショーのシーンで初めて姿を見せた彼は新宿LOFTプラスワンのトイレからスポットライトを浴びて登場する。何でアルミで身を包んでいるのか忘れたけども「霊体ミミズ」とかワケわからん言葉を連発。最後には精神病院からの脱出!そしてスパーク!!関わりたくない人のお手本です。

怪奇モノなのでトリックなどなく、当然未解決のまま。
エンドロールなしの最後の唐突な終わり方に胃がやられるぜ!


☆☆(星2つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-08-24 01:44 | 映画(劇場編)

アイデン&ティティ

アイデン & ティティ
/ 東北新社
スコア選択:




『アイデン&ティティ』見ましたよーん。

原作:みうらじゅん、監督:田口トモロヲ、脚本:宮藤官九郎

このメンツ凄いね。
オープニングで遠藤ミチロウ、大槻ケンヂ、ローリーなどバンドブームの中にいた人間やミュージシャンがバンドブームのアノ頃について語るシーンから始まる。
ブームとロックの狭間での葛藤が描かれている映画。
微妙にメジャーなバンドなら必ずあると思われる葛藤。
売れなきゃ食ってけないし、でもこんなんROCKじゃない!!
俺はこんなんじゃないホントに歌いたい歌があるんだぁ~!!みたいな。そしてSEXしてえ!!みたいな。そんな映画かな。

バンドを続けるって難しいんだよね。継続は(長州)力なりって言うよね。続けることって凄いと思うんだけど。続けてりゃあ良いってわけではないのが難しいところ。30とかになって、売れないROCKやってて、周りの人間は結婚して子供もいて、リーマンでバッチリ毎月ソコソコの金貰ってる方々ばかりで。俺がそうなったらたぶん、今まで何やってきたんだろう・・・って思うんだろーなー。って思っちゃったりすると続けるのって難しいんだよね。音楽とか、ああゆう自己表現って客に受け入れられないと精神的に物凄いダメージだし、俺は何の為に、誰の為にやってるのか・・・と地獄に落とされた気分になるもんだ。俺はそいつにやられた人間の一人。ROCKとかって周りの人間を気にするようじゃダメなのよね。商業的な音楽も今となっては俺は認められるわ。音楽的に好きとかじゃなくてね。大人になったんかな。

☆☆☆(星3つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-08-18 03:10 | 映画(レンタル編)

独裁者

独裁者 コレクターズ・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
スコア選択:




製作・脚本・監督・主演:チャールズ・チャップリン『独裁者』を見ました。

凄いわ・・・。感動しました。偉大な人です。
この作品が作られたのが1939年の第二次世界大戦中、
ナチスが侵攻、虐殺を繰り返していたまさにその時に発表してるんです。
ラストシーンの壮絶な演説からも感じられますが、
チャップリンの強い意思、決意がよく分かります。
劇中に出てくるヒンケル役チャップリンの話し方(何言ってるか分からないけど)、動きなどクリソツ!!!見るもの全てに感動ですよ。
計算し尽くされた、コミカルな動きとタイミング。
セットも広大だし爆薬とかもガンガン使ってて、金もかかってるなぁと感心。
やはり最後の演説がこの映画の全てではあると思うのですが、
それまでのコメディタッチと違いチャップリンの目が

マジ!!

見てる俺もマジ。目が痛い。
このラストのチャップリンの世界に向けたメッセージは永遠に
引き継がれていくべきだと思いました。

You the people have the power, the power to create machines, the power to create happiness.
You the people have the power to make life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.

(諸君は幸福を生み出す力を持っている。人生は美しく自由でありすばらしいものだ。)

☆☆☆☆☆(星5つ:パーフェクト!)
[PR]
by classics1981 | 2005-08-14 03:27 | 映画(レンタル編)
チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン





『チーム★アメリカ ワールドポリス』観てきた。

夏休みだからか、田舎から出てきますたー!って感じの若者が渋谷に溢れてたよ。宙ぶらりんな状態でただただ時間が過ぎてゆくだけの俺より100倍楽しそうだ。足が痛い。座骨神経痛。首は寝違えたぜ。仕事を辞めると決めたものの、辞めた後のことは何も決まらずうなだれている。忙しい時にはもっと時間をくれとほざいて、いざ時間ができるとヒマでしょうがない。また映画でも見に行くかと電車に乗った。『チーム・アメリカ/ワールドポリス』ブラックジョークのオンパレード。狂った世の中に対する狂った奴による主張。見にきてる奴も狂ってる。俺の隣の席に着いた野郎は何がそんなに可笑しいのか、本編が始まってもいない予告から「クックックッ。」と奇妙に笑い、鼻をブヒッブヒッいわしてた。あいつも俺も第三者から見れば何ら変わりのない変人だろう。金正日も孤独なんだ。バーカ。ほらね、そっくりなサルが僕を指さしてる。きっとどこか隅の方で僕も生きてるんだ。愛をください。愛をください…。FUCK YEAH!!

☆☆☆(星3つでございます!!マチャアキ風に。)
[PR]
by classics1981 | 2005-08-13 01:30 | 映画(劇場編)

アイランド

アイランド
/ ワーナー・ホーム・ビデオ




主演ユアン・マクレガ-『アイランド』見ました。
ユアンも老けたわね。っつーか、太ったわね。
でも、それが普通の年の取り方よ。
『パール・ハーバー』『アルマゲドン』の監督最新作。
『アルマゲドン』でブルース・ウィルスがドカンと死ぬ時に
ちょっとウルウルっときてしまった俺。恥ずかしい。
今回の舞台は未来です。ココでツッコミ入れちゃうと、
未来も普通に車とかバイク乗ってるのね。
空飛ぶバイクとか、空を走る列車とか出てくるんだけど、
一般人のほとんどは普通の車乗ってるの。
トラックとか、ヘリコプターとか、未来でも変わらないんね。
でも、この車がバッタンバッタン転がるアクションシーンは大迫力。
追ってくる敵をユアンマクレガ-がやっつけ、
ヒロインの彼女が

「グッジョブ!!」

一歩間違えりゃ死ぬトコで「グッジョブ!!」は違うんじゃ?笑えた。
未来は進化して、人間のクローンが作られる時がくるのだろうか。
そりゃ凄いビジネスになるだろうよ。
自分のためだけに作られた人、何億円。
顔は長谷川京子で、体はMEGUMIとかね。
最強人間も作れるかも、ボブサップの体格で動きはノゲイラとヒョードルをかけあわせたとか。
アキバ系の引きこもり部屋には、自分だけのメイドクローンが数体。
「ご主人様、オムライスの準備が出来ました。LOVEってケチャップで書いておきました★うふ」
で、アキバは「萌え~!」ってか。

映画は飽きることなく見れました。アクションシーンに見ごたえアリ。

☆☆☆(星3つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-08-12 01:50 | 映画(劇場編)
ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
/ 日活




『ヒトラー~最期の12日間~』観ました。

残虐的なヒトラーを描いてるわけでなく、
敗戦をほぼ確信したあたりから、どんどん弱々しくなってゆくヒトラー。
狭い地下要塞にこもり、的確な状況判断が出来なくなったヒトラー。
死を恐れ裏切る部下達にキレるヒトラー。
優しさの欠片なんかまったくないイメージのヒトラーが
優しさを見せると、とても不思議な感じがした。
ヒトラーを美化してる映画とも言えなくもないけど、
そのような観点で観ても面白い。
あの地下要塞とかどれだけ本物にちかいのかね。
凄いわ。
主演のブルーノ・ガンツって人も凄いね。
何の違和感もなく最初から最後まで見れた。

こうゆう映画、俺みたいな若造には戦争とか勉強するにはいい機会だね。

戦争が終わって~僕らは生まれた~♪
戦争を知らずに~僕らは育った~♪
戦争を知らない子供達さぁ~♪

それにしても600万人以上の人間を殺すほどの権力ってなんだろね。

☆☆☆(星3つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-08-01 21:47 | 映画(劇場編)