映画に五つ星満点で点数つけたり、オススメ映画を紹介したりしてると見せかけて私が観た映画を忘れないためのメモ代わり自己満ブログ!


by classics1981
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

パッチギ!

パッチギ ! スタンダード・エディション
/ ハピネット・ピクチャーズ
スコア選択:




『パッチギ!』

井筒監督の最新作。かなりよかった。

下ネタギャグとバイオレンス。
それに反して真面目な戦争の話。
バランスがいいんですわ。
くだらな過ぎず、真面目過ぎず。

井筒作品の中では一番メッセージ性の強い一本ではないでしょうか。
ジンジンきました。

喧嘩のシーンもやはり井筒監督らしくグロい。リアル。痛そう。
ダッシュからのヘッドバットとかクソ痛そう。
ドロップキックとか喧嘩で使うあたりもニクイ。

何よりもイイのが沢尻エリカ。
キャワイイ!!
ウッキー!
あの微笑みに男性諸君はノックアウト!!
とか、こんなことばかり言ってると、普通にキモいとか言われそうだな。

のど自慢を越えるくらいの良い映画を撮ってくれましたね。

☆☆☆☆(星4つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-10-12 22:22 | 映画(レンタル編)
チャーリーとチョコレート工場 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ




『チャーリーとチョコレート工場』観ました。
吉本のチャーリー浜が主役とあって、メチャメチャ客入ってるね。
最初っから何の話かよく分かんなくなってしまったな。

ジョニーデップとティムバートンのゴールデンタッグ作品。
てゆうか、ジョニー“ディップ”なの?“デップ”なの?

ハッピーファンタジーかと思いきや、とてもシュールな仕上がり。
子供が理解するの?これ。ってなシーンが多々。
てゆうか子供があれ見てゲラゲラ笑ってたら引くわ。
あの人形が燃えていく姿とか、消えていく子供達のわがままさとかシュール。
それに対して、どこまでも良い子チャンなんだ!!チャーリー。 浜
私もボンビーな家に生まれた人間だが、その優しさは理解できんぞ!
シンデレラマンもそうだ。ボンビーな家の子供は素直で優しい。
金持ちのガキはわがままで物の価値を知らない。シュール。
ティムバートンらしい世界観。

映画を見ながら左手にはチョコバー、右手にはココアがオススメだ!!
ニキビが増えるぜー。

☆☆(星2つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-10-10 21:30 | 映画(劇場編)

殴り者

殴者
/ メディアファクトリー
スコア選択:



『殴り者』観ました。
出演が桜庭、シウバ、ランペイジ、高山、ドンフライって。
つまんない可能性200%!!と思って観に行きましたよ。

だが、しかし!!

期待を裏切らないつまらなさ!!!

一緒に見に行った人は2時間しっかり眠っていたぞ。
やっぱり試合はガチンコじゃないと。
どーも、映画で高山VSドンフライ見てもテンション上がらない。
『いかレスラー』の方がよかったぞ。
桜庭の演技もギリギリだな。
西村修はアウトだったが。
そのアウト加減がよかったんだ。逆に。

挌闘家に演技なんてもうさせないで!!!
DSEの馬鹿!!

(星0コ)
[PR]
by classics1981 | 2005-10-03 22:50 | 映画(劇場編)

カンフーハッスル

カンフーハッスル コレクターズ・エディション
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スコア選択:




『カンフーハッスル』見た。
『小林サッカー』を期待せず見に行ったら爆笑して腹筋が六つに割れた俺。
あのCGの安っぽさと分かりやすい笑いが良い具合にMIXされて、
絶妙なコンビネーションを放つ。
あんぱん&牛乳とガチで勝負しても時間切れのドローだろう。
マストシステムならばあんぱん&牛乳が勝つかもしれないが。

爽快、爽快、爽快!
真夏の汗拭き取りシート(メントール配合)くらい爽快だ!

☆☆☆(星3つ)
[PR]
by classics1981 | 2005-10-03 22:16 | 映画(レンタル編)

NANA

NANA -ナナ- スタンダード・エディション
/ 東宝
スコア選択:



『NANA』観ました。
漫画では「つまんねえ!!!」とか言いながらも
しっかり新巻チェックしとる。
ミーハー?ああミーハーさ。
流行は知っていて避けるもんさ。
流行を知らずにミーハーにはなりたくないっていう奴はただの時代遅れさ。
映画の話だが、キャストの皆様全員大根だ。
台詞の棒読み加減が素晴らしい。
こうゆう漫画から実写版にするのって難しいよね。
ファンは大抵納得しないもんだ。
「シンちゃんはあんなブサイクじゃな〜い!!」
とか言ってたりする可能性200%だ。

せっかくバンドもののストーリーだったりするんだから、
音楽とかもっとガンガン使っていけばいいのに、
ライブシーンでしか使ってないんじゃない?
無音の中から出てくる大根役者の棒読み台詞。
引き立つ、ショボさ。

どうやら『NANA』第2弾決定したらしいね。
宮崎あおいのラブシーンも決定?ないな。
中島美嘉のラブシーンもなかったし。
細かったなあ、台詞棒読みだけど。
細かったなあ、台詞棒読みだけど。

☆(星1こ)
[PR]
by classics1981 | 2005-10-03 21:57 | 映画(劇場編)