映画に五つ星満点で点数つけたり、オススメ映画を紹介したりしてると見せかけて私が観た映画を忘れないためのメモ代わり自己満ブログ!


by classics1981
カレンダー

<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オリバー・ツイスト

オリバー・ツイスト
/ ポニーキャニオン
スコア選択:




よい子は映画に出てくるな!!

正直つまらなかった。
がっかりだった。
ヤマなしで感情入らず。
オリバーツイストがよい子なのは分かった。だからどーした、ボケ!
コソ泥のガキ達の方が数倍スリリングで映画向きな生活してんだろがっ!
久々に映画見てガッカリした。

(星0コ)
[PR]
by classics1981 | 2006-01-29 23:05 | 映画(劇場編)

レジェンド・オブ・ゾロ

レジェンド・オブ・ゾロ コレクターズ・エディション
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スコア選択:




観ました。ゾロとして貫禄が出てきましたアントニオ・バンバンデラス。現代からすると素朴すぎるアクションが心地良い。前作より剣捌きが落ちたきがしたけど、どーかねえ…。記憶が薄くて分からないけど『マスク・オブ・ゾロ』の方が見た後の興奮度は高かった気がするなあ。キャサリン・Z・ジョーンズも色気が足りないなあ。気が強い女は嫌いですよね?男性諸君。俺はマゾじゃないから嫌いです。今生きてる女の八割くらいは気が強くて、おっかないでしょ。Mからしたらパラダイスかもしれないけどね。女はおしとやかに可愛らしくがやっぱりいい…とか言ったら気の強い女からボロカス言葉責めに合うんだろうなぁ〜。俺はMじゃないから喜んだりしないよ。

☆☆(星2つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-01-26 23:41 | 映画(劇場編)
ロード・オブ・ドッグタウン
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント





『ロード・オブ・ドッグタウン』を見たでがんす。

スケボー、青春、成り上がり、やりまくり、友情そして別れ・・・みたいな映画。

俺が高校1年の頃、スケーターってモテそうじゃねえ?
なんて言って、ムラスポで激安のボードを買って挑戦するも
即挫折という経験がある。
やめた理由は転ぶと痛いから。
小学生の方が数倍うまかったもんなあ。

スケートボードの映像は爽快&カッコイイのだが、
人との別れ、裏切りなど、あまり劇的に撮られておらず、
あまり感情が入っていかなかったとこが残念。

何よりも、若いって素晴らしい。

☆☆☆(星2つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-01-20 22:35 | 映画(劇場編)

銀のエンゼル

銀のエンゼル
/ ビデオメーカー
スコア選択: ★★★

『水曜どうでしょう』のミスターこと鈴井貴之監督の作品でござんす。

舞台はもちろん北海道。

田舎の町にポツリとあるコンビニエンスストア。

主人公はそこのオーナーである親父。

そこの親父と娘、コンビニの客、店員、運送屋、

コンビニを囲む色んな人がいる風景が映し出され、

毎日入るコンビニでもスクリーンで見ると新鮮な画に見える。

銀のエンゼルはチョコボールの5枚集めると

おもちゃの缶詰めがもらえる!ってやつ。

でも、なかなか5枚は揃わない。

5枚集まったら、何かこの先イイ事あるかもなーっていう、ちょっとした願掛けみたいなエピソードで出てくる程度で銀のエンゼルが話のメインってわけじゃあない。

この映画うぃ見て、次の日コンビニに行っておにぎり買ったら、必ず「あたためてください」って言いたくなるでしょう。

勇気がある人はバナナをあたためてみてよ。

けっこううまそうだったな。

ミスターやるなあ。
[PR]
by classics1981 | 2006-01-16 02:19 | 映画(レンタル編)
ザスーラ
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スコア選択:



Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
スコア選択:



キング・コング プレミアム・エディション
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
スコア選択:



ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版
/ バップ
スコア選択:




『ザスーラ』 
『MR.& MRS.スミス』 
『キングコング』
『ALWAYS 三丁目の夕日』

この4本見てたのですが、怠けててここに書くの忘れてました。

『ザスーラ』は『ジュマンジ』の宇宙版で感じで、面白いっちゃあ面白い。
主役2人の兄弟喧嘩シーンが多くてイライラした!!ってことを
一緒に見に行った人に言うと、それは君に弟がいるからだよ。って。
その人は末っ子だから全然イライラしなかったって。
ということで、末っ子にはオススメできる映画です。もう終わりそうだけど。
☆(星1つ)

『MR.& MRS.スミス』は爽快!!ハリウッドらしい映画でしたね。
アンジェリーナ・ジョリーって唇が分厚くて、全然好みじゃないんだけど
この映画ではとてもセクシーで魅力的に見えました。
ブラピもちょっとワルでバカっぽいとことかハマリ役だったし。
気分が良くても悪くても見れる映画だと思いますよ。
☆☆☆(星3つ)

『キングコング』はCGが凄い。
もうCGかセットか分からない!
てゆうかセットのほうが物足りない気がするようにまでなってきてしまった。
出てくる虫やら恐竜やら謎の生物が恐ろしい。
何よりも原住民が一番怖かった。
でも無駄に長かった・・・島に着くまでが長い長い。
最初1時間くらいいらないんじゃないかな。
☆☆☆(星3つ)

『ALWAYS 三丁目の夕日』
これ見に行った人全員「よかった!」って言うもんだから、
どんなもんなのよって観に行ったら、「よかった!」って俺も言ってた。
俺はまだ生まれちゃいない時代だから懐かしいって感覚とは違うけど、
あの時代の名残を感じて幼少時代を過ごしてきただろうから
簡単にスクリーンに入り込めたね。映画館がひとつのお茶の間化して
いい雰囲気を作り出し、和やかな笑いが起きていました。
☆☆☆☆(星4つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-01-06 01:43 | 映画(劇場編)