映画に五つ星満点で点数つけたり、オススメ映画を紹介したりしてると見せかけて私が観た映画を忘れないためのメモ代わり自己満ブログ!


by classics1981
カレンダー

<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アルフィー

アルフィー
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン




『アルフィー』

星屑のディスタンスとか高見沢とかのジ・アルフィーじゃあないですよ!って同じようなこと書いてる人どのくらいいるのかな?

これもリメイク映画らしい。ヤリチンのイヤな野郎をジュード・ロウが見事に演じてます。スーツもビシッと決まり若ハゲでも顔が良ければ女は寄りついてくるってことを立証してくれてますよ。まあ顔が良ければの話ですが。彼の笑顔が爽やかすぎて女はコロリ。女を落とす嫌味な言葉が次から次へと出てくる。イヤミな野郎だけどホントにかっくいい。スーツ、シャツ、マフラー、スクーター、ヘアスタイル。ルックスがグンバツにやっぱりいいです。この映画、女の人はどんな感想なのかな。ルックスはいいけど浮気症な男の物語。それでもジュードロウかっこいいぃぃぃ~!とか言うのかな。俺が女だったら言ってるかもな。俺のドツボな映画でしたよ。笑えたし。軽くエロいし。軽くエロいし。軽くエロいし…。ちょっぴり切ないし。

☆☆☆☆☆ (星5つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-28 21:43 | 映画(レンタル編)

ボーン・スプレマシー

ボーン・スプレマシー
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン






『ボーン・スプレマシー』

『ボーン・アイデンティティー』の続編です。
俺的には前作もかなりヒットでしたが、
続編も前作よりやや劣るくらいでなかなか面白かった気がする。
カーチェイスがなんといっても素晴らしい。
クレイジータクシー実写版?ってな具合に街中やら高速道路をぶっとばします。
ガンガン衝突しまくって車体もボコンボコンにもかかわらず走る走る走る。
運転しとるスタントマンがスゲーよ。
マット・デイモンの異常なマッチョボデーも『グッドウィルハンティング』と違って
ピッタリ役にハマってる。格闘シーンも多いしね。
彼にUFC出てほしいよ。ちょっとティトに似てない?
って誰にもか分からない話になってしまった。
この映画だとマジ最強。ハリトーノフにも少し似てる?
ってまだ誰にも分からない話を続けるしつこいオレ。
頭もキレるし、肉体的にもチョー強えぇボーンは見応え十分ってことだ。

☆☆☆ (星3つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-24 23:25 | 映画(レンタル編)

戦場にかける橋

戦場にかける橋
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント




第二次大戦中、日本軍の斎藤大佐はクワイ河への鉄道橋架設を計画。
しかし捕虜の英軍大佐ニコルソンは協定に反するとして協力を拒否した為幽閉される。
だが一向に進まない工事に苛立った斎藤は、やむなく一歩譲る形で協力を要請。
ニコルソンは英国軍人の誇りを持って、立派な橋を完成させると約束した。
だがそれ以前に収容所からの脱走に成功した米軍兵士シャースは他の部隊と合流、
橋の爆破作戦に参加することとなる……。

舞台となったクワイ河鉄橋は、もともと泰麺鉄道(タイとミャンマー)を結ぶ
路線の途上にあるところ。実は私、明日からタイに旅行に行くんでごわす。
んで、そのツアーの中にこの『戦場にかける橋』の舞台となった、
クワイ河鉄橋がはいっているので、観光の予習としてこの映画を観たんですね。
名前だけはどこかで聞いたことのある有名な映画ですから、
どれだけ良い映画なのかと思い、期待していたのですが
正直ビッとしなかったんですね。なんつーか、戦場での緊張感がないっていうか。
イギリス軍捕虜が河で泳いで楽しそうに遊んでたりとか、
俺は戦争を知らないから拍子抜けしたなあ。
ついでに言うと、『シンドラーのリスト』を観た次の日に
この映画を観たもんだから余計ずっこけたわ。
ただ、ラストの見応えがあって目がはなせなかったですよ。
なにはともあれ現地に行って歴史を学び、自分の目で戦争の跡を見てきます。
そしたら、またこの映画に対する感想大分変わってきたりするのではないでしょうか。

☆☆ (星2つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-18 14:45 | 映画(レンタル編)

ユナイテッド93

ユナイテッド93
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン





『ユナイテッド93』

俺、今週末に飛行機乗るのに観ちゃいました…。
壮絶!5年前の9・11同時多発テロ。
官制センターの対応などパニック状態と緊張感がリアルに描かれていると思います。
もう悲惨で悲惨で涙が止まらないって人も周りにたくさんいました。
アメリカではこの映画に対する声がやはり賛否両論らしく、
「まだ記憶に生々しい映画を受け入れられない」という人と
「この映画から目を反らしたとこで事実は何も変わらない」という人の声などあったそう。
劇場での予告編上映もかなり制限されたそうで、
それが逆に話題を大きくされたりしたとか。
何はともあれ凄い映画です。ドキドキハラハラ、手に汗、目に涙。
もう少ししたら『ワールド・トレード・センター』もやりますからね。
観なくては。けっこう9・11を題材にした映画っていろいろあるんですね。

☆☆☆☆ (星4つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-15 18:13 | 映画(劇場編)

ゴッドファーザー

ゴッドファーザー
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン






『ゴッドファーザー』

映画は好きでこのようなブログをやっているが、この映画を実は見たことがなかった。
『ゴッドファーザー』を見ずに映画を語るな!
と、どっかの顔も知らない人に言われそうだが、
あくまでも自己満足ブログなのでそんな人はシャラーップ!!
てか、これは観ておかないと!てな映画があったら素直に教えてちょ。

マフィアがかっこいいとは思わないが、
義理人情にあつく、家族を大事にするゴッドファーザーはかっこよかった。
映画の中で一番バビったのマイケルの妻が車を走らせた瞬間ドカーン!
これと類似するシーンが哀川翔と竹内力の『デッドオアアライブ』であったが
『ゴッドファーザー』のパクリなのかよと気付く。
馬の頭にもビビッたけどね。気狂うよ。
つかマフィアも政治も変わらない現実にショッキング。
全ては権力と金とプライドのためか。
パート2はアルパチ(こんな呼び方だれもしないね)とデニーロなんだよね?
話が続いているのか、まったく別のマフィアの話なのか知らないけど期待して見てみたい。
キングカズこと三浦知良が『ゴッドファーザー』の大ファンらしく
移動時などポータブルDVDプレイヤーなどでしょっちゅう見てるらしいゼ。
って豆情報。いらない?

☆☆☆ (星3つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-14 01:27 | 映画(レンタル編)

サラ、いつわりの祈り

サラ、いつわりの祈り
/ ジェネオン エンタテインメント





『サラ、いつわりの祈り』

こりゃ何が良いのかさっぱり分からない映画でしたわ。
児童虐待ばっかでハッピーなし。バカ親は最後までバカ。
これ見てパンクだとか言ってる人とは俺は気が合わないな。
マンソンが出てたり、RANCIDのティムが曲提供してるみたいだけど、
だからどーした?って感じ。サラ役の女の人が監督、主演、脚本してるらしい。
こいつが見た目はコートニー・ラヴに似てるんよ。
意識してんのかねえ。どうせならもっとショッキングにいろいろと描いてほしかった。
なんだか中途半端で。最後まで何が言いたいのかよく分からんかったな。
子供もかわいくないし。リベリーみたいだもん顔が。

(星0こ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-13 04:39 | 映画(レンタル編)

王と鳥

王と鳥
/ アイ・ヴィー・シー





『王と鳥』

友達がコレ観たいって言ってて俺全然知らなかったんだけど、調べたら「高畑勲・宮崎駿ヲアニメーションへと誘ったアンデルセン原作の『王と鳥』ジブリの原点、この夏、堂々劇場初公開!』なんて書いてあるから、俺も観たい!なんて言って観に行ったんですよ。ダダダ…だがしかし、ぼくちんかなり眠気と闘ってました。支配的な政治や構造へのアンチテーゼ。昔も今もこれからも自覚しなければいけないことへの警告のような映画。王様は物凄く高く大きく綺麗な城に住み、好きな女は強制的に結婚させ、刃向かう者は容赦なくキル。国民は貧しく、世界を何も知らず自由などない。
強いメッセージがあるが、しかし映画というので見ると眠たくて期待していたのとは少し違ったせいかなと。

関係ないが、昨日友達がふいに言った「金正日ってツンデレ」ってのに爆笑した。
あと、ジャガー横田もツンデレだって!今、筋肉痛だから笑うとホント腹が痛いんだよ。

☆☆ (星2つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-11 15:38 | 映画(劇場編)

シコふんじゃった。

シコふんじゃった。
/ 角川エンタテインメント
スコア選択:




『シコふんじゃった。』

『ファンシイダンス』に続いて『シコふんじゃった』を観ました。
面白かったわ。『ファンシイダンス』よりも分かりやすく笑いの数も多く、
最後には手に汗握る映画でした。
ゲリピー演技を見て竹中直人は天才だと再確認。
あんなオッサン大学生いねーだろとか思いつつ、
竹内力のカオルちゃんを見てしまうと大したことじゃない。
田口浩正も気の弱いデブを演じさせたら日本一かもしれない。
本木雅弘はカッコイイなあ。ノーザンライトスープレックスだからね。
あんな顔に生まれたかったよ。福山とかカトゥーンとかキムタクとかより美男子だしょー。
相撲に対するちょっとした知識も面白かった。
ふんどし…でなくて、まわしを洗わないってのも、横からヒョイってのも勉強になった。
マサコもスゲーよ。あの人偉いわ。

☆☆☆☆ (星4つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-10 02:36 | 映画(レンタル編)

ヴィレッジ

ヴィレッジ
/ ポニーキャニオン





『ヴィレッジ』

『シックスセンス』の監督らしい。
俺、『シックスセンス』も嫌いだが『ヴィレッジ』も嫌いだ。
いつも、なんだよソレ!!って感じガッカリ。
この監督の作品を観た後はいつもイライラする。
ってか、怒りを覚える。
『ヴィレッジ』は話の根本がクソ。
最低のオチだ。

(星0コ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-09 01:09 | 映画(レンタル編)
映画ドラえもん ぼくの生まれた日
/ ポニーキャニオン




『ドラえもん  僕の生まれた日』

これまた続いてドラえもん映画なんですけども、風の噂…つうかインターネットってやつでこれもいいとかなんとか書いてあるの見たんで、ちょいとビデオレンタルしましたよ。VHSです。話の筋としましては、のび太が誕生日なのにママとパパに勉強しろと説教されて「僕なんか生まれこなきゃよかったんだー!どうせボボボ・・・僕なんて望まれて生まれてきやしなかったんだー!パパが避妊しなかったせいなんだ!もしくはコンドームに穴が開いていていたんだー!パパとママのバカー!!」とかそんなようなこと言って(言ってないか)イジけてたら、ドラえもんが「そんなことはない。パパもママものび太くんが生まれた時は喜んだはずだ!それをタイムマシーンで確かめに行こう!」てな感じでのび太が生まれた日に行くってな流れです。俺的には先日見たおばあちゃんの話の方が好きだけどこれはこれでイイです。野比のび太という名前がどこでどういう理由でついたのかが分かる貴重な作品なのではないでしょうか。

☆☆ (星2つ)
[PR]
by classics1981 | 2006-08-08 03:47 | 映画(レンタル編)